背中ニキビに悩まされた原因

私は以前、今まで一度もできたことのなかった背中ニキビに悩まされるようになってしまったことがあります。
1-4

生活環境や食生活には気を遣っていましたし、背中の蒸れなども感じていなかったので、背中ニキビの原因が分からず本当に困っていました。

何が原因なのかを探るため、ネットで色々と調べてみると、背中ニキビは様々なことが原因でできてしまうことを知りました。

汗やストレス、衣服との摩擦やシャンプー・ボディソープのすすぎ残しなど、ちょっとしたことでニキビに発展してしまうんですね。

実は私、背中ニキビができ始める少し前に、シャンプーの種類を変えていたのです。
私の背中ニキビの原因は、もしかしてシャンプーが原因なのかも・・・と思い、
以前使用していたものに急いで戻しました。

そして、すすぎ残しのないように、念入りに流すようにしました。
すると徐々にニキビが減り始め、以前のようなツルッとした背中に戻っていったのです。

まさかシャンプーが背中ニキビの原因になってしまうなんて思ってもいなかったので、気づくのにかなりの期間がかかってしまいました。
あれ以来、髪を洗うときはなるべく背中に泡や髪が付かないように洗い、しっかりと流すようになりました。

原因がシャンプーだということに気づけて、本当によかったです。
みなさんも、背中ニキビが出来たときは、そういったことも考えてみたほうがいいですよ。

女子のムダ毛はありえない・・・(特にワキ毛)

私のムダ毛は非常に剛毛で、黒々として目立つのでやっかいに思っています。
これが男性ならまだ当たり前のこととして理解できますが、私はれっきとした女性です。
オシャレだってするし化粧もバッチリ決める、普通の女子です。
なのにそれをあざ笑うかのように生え続けるムダ毛達。

女子としてムダ毛が生えっぱなしはありえなすぎる。
なのであらゆる対策を試してきました。

まず第一に定番中の定番であるカミソリ。
比較的手軽に行えるものの、すぐ生えてくる、剃ったあとの手触りがザラザラしているうえに黒い点々が残ってしまう、カミソリ負けする、手の届かないところは無理など欠点だらけ。

けれどもその敷居の低さからしばらくカミソリオンリーで過ごしていました。
ですがこのままではいけないと抜く作業に入りました。

ピンセットは痛いめんどくさい時間がかかりすぎるということもあって即却下。
脱毛テープは一網打尽にできるのが楽しいですし、抜くので毛を残さずザラザラになりません。
ですが、肝心の剛毛には効きません。
いや、効かないのではなく、効かないような弱いテープを使っているからです。
なんてたって痛いの嫌ですし。

そこで脱毛クリームを試したものの、剛毛すぎて抜け残しがちらほら。
いったいいつになったら素敵な脱毛方法に巡り会えるのでしょうか。

体臭で幻滅されてしまわない為に

見た目の容姿も、大事かもしれませんが、臭いでも印象が左右してしまいますよね。
せっかく爽やかな見た目なのに、その人から嫌な臭いがただよってくると、とても残念な気持ちになってしまいます。
体臭も、その人の印象の一部なのです。

せっかく気になる人が出来ても、その人の体臭が自分に合わず、気持ちが薄れてしまったり、逆に、自分の体臭で興ざめされてしまい、
恋愛が上手くいかなくなってしまったりという事も起こりえますよね。

体臭の原因は、汗などをそのままにしておくことにより、雑菌が繁殖することで起こります。
汗がひいて、服が乾けば、一瞬臭いがおさまりますが、それをそのまま放置しておくと、さらに菌が繁殖してしまいます。

夏場など、汗をかく機会の多い季節は、小まめに汗を、ふき取るようにしましょう。
銀イオンなどが配合されている汗取りシートは、菌の繁殖を抑えるので、お勧めですよ。

少し面倒くさいかもしれませんが、汗をかいたら着替えるのが、体臭予防に、最も有効かもしれません。
汗で濡れてしまったところに、更に汗をかくと、臭いも倍増されてしまうので、暑い季節は、少し荷物にはなりますが、着替えを持っておいた方が、無難なのかもしれません。

体臭が臭くて困った経験について

みなさんは、周りの人の体臭がきつくて困った経験がありますか?それはどんなときでしたか?
そういう私はどうなのかと言いますと、体臭が本当にきつくてめちゃくちゃ困った経験があるんですよね。

私の場合、お仕事の関係であちらこちらの海外の国に住んでいたことがあるんですけれども、そのときに日本にいるときとは比較にならないぐらい、体臭に悩まされた経験があるんですよ。

ヨーロッパのほうに住んでいたときに経験した体臭ですが、これは恐らく動物性のたんぱく質を多く取っているのが原因なのかもしれないと思いました。特にお魚を食べる習慣がない人から漂って来る体臭は、本当に獣臭かったです。

そういう私も、その国にいるときは似たような生活をしていたので、体臭がきつくなっていた可能性もあるんですよね。あまり大きな声では言えませんけれども、大便の臭いも相当臭くなりましたし、色も黒っぽくなってしまいましたから。

東南アジアのほうに住んでいたときに経験した体臭なんですけれども、これはこれでまたかなり強烈なものがありました。電車にしてもバスにしてもタクシーにしても、日本とは比較にならないぐらい混んでいるせいか、あまりの強烈な体臭に窒息死してしまいそうになったぐらいでした。

どんな体臭なのかと言いますと、何日間か放置した生ゴミがさらにむれたような臭いでしょうか。蒸し暑い国だったからというのもあるとは思うんですけれども、その気候がまたさらに臭いを強烈にしていたように感じています。

ただ、ヨーロッパの場合の原因とは、ちょっと違うような気がするんですよ。私自身の体臭はあまり変わりませんでしたから。もしかしたら、お風呂やトイレでの習慣も関係しているのかもしれません。

そもそもの話、お風呂というものがほとんど存在しませんでしたし、シャワーがあったとしてもお湯は出ませんでしたし、手桶に入れた水をかけて終わりという家庭も多い状況でしたから。

それにトイレに関しても、トイレットペーパーがないので、右手に手桶を持って水をかけて、左手でこすって、濡れたお尻のままで下着やズボンを履くという状況でしたから。

そんな体験をしたせいか、今ではちょっとやそっとの体臭ではひるまなくなった私です。人にもよりますが、和食のお陰か日本人の体臭は全般的に薄いほうですし、お風呂やトイレの環境も整っていますからね。

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ